「まちづくりビジョン」を更新します

更新日:2020年7月20日
まちづくりビジョン

いまから9年前の2011年に、豊橋駅前大通地区の産官学協議会で『まちづくりビジョン』がつくられました。また同じころ行政や商工会議所でも中心市街地に関する計画やビジョンがまとめられました。そのなかには実現された内容もあれば、実現されなかったもの、時代とともに価値が薄れたものなどもあります。

これからまちなかはどんな風になるとよいのか?そんな疑問から、私たちは2017年7月に『まちじゅうステージワークショップ』と題して、100名近くの方々と、まちなかの場所とやってみたいことの組合やこんなふうになったらいいなという理想について議論しました。

さらに2019年より『まちじゅうステージプロジェクト』と題して、「やってみたいこと」の募集と実施支援を通じて、理想のまちなかの一端をみんなと一緒に描くトライアルをしてきました。

そして2020年から活動のなかで垣間見えてきた理想のまちなかとは何なのか?を共有すべく、『まちづくりビジョン』の更新を始めています。大きく社会が変化しているなかで、10年前のビジョンや計画を振り返りつつ、今後の将来像を描こうとしています。

2021年夏頃にドラフト版の完成を目指しています。これからも時代のながれとともに変わる期待を受け止めていけるように、何度もドラフトが繰り返されていくビジョンになればと思っています。

ニュース
カテゴリー
News Archives
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年3月
PAGETOP