6/15(土) ものづくりとつながりをデザインする『monohito vol.1』を開催しました。

更新日:2019年6月25日
02:monohito(モノヒト) 会場:水上ビル「みずのうえ ビジターセンター」の上の集会室

MYスプーンづくりを通じて、一緒に参加した人たちとつながったり、スプーンを実際に使ってみるなかで周りのお店とつながったり、さらには工場のある郊外とつながったり。
「ものづくり」を通してそうした様々なつながりを実現していこうという思いのもと、企画が立ち上がりました。

1.概要

 Part.1 こだわりMYスプーンをつくろう、まちのお店で使おう
 Part.2 まちのお店と人と深くつながろう

【part.1; こだわりMYスプーンをつくろう、まちのお店で使おう】

02:monohito(モノヒト)

使った道具たち。味があります。

最初は恐る恐る叩いていた皆さんも、要領が分かってくるとどんどん自分好みに打ち込まれていました。
隣の人と比べながら出来栄えを自慢したり、拘りを説明したり。自分の叩いた結果がダイレクトにスプーンの形になるのが面白いです。

02:monohito(モノヒト)
02:monohito(モノヒト)レクチャーするスタッフ
02:monohito(モノヒト)みんな夢中に打ちこんで、世界に一つのMYスプーンが出来上がりました!

【part.2; まちのお店と、人と、深くつながろう】

Part.2では、駅前のカレー屋さん「カルダモン」に移動。つくったスプーンを使ってカレーを食べながら、カルダモンさんの目指す場所づくりやその場所を通じた人や街とのつながり、についてお話しを聞きました

02:monohito(モノヒト)カルダモン
02:monohito(モノヒト)

今回はあいにくの雨でしたが、参加された皆さんがMyスプーンづくりから広がる体験を通じて、さまざまなつながりを作ってくださったように感じます。
主催の加藤さんからは、今後も「ものづくり」でつながりをデザインできるような企画を行いたいとのこと。次回もお楽しみに!

2.今回の空間と主催者

02:monohito(モノヒト)

<monihito 実行委員>
加藤さんご夫妻

愛知県豊川市にある創業87年の金属プレス加工業を行う「株式会社 加藤数物(かとうすうぶつ)」の経営者。かつては数学や物理の教材をつくっていた会社で、地域とともに歴史を刻んでこられました。本業である金属プレス加工の技術を活かして、創業からの思いを引き継ぎ様々な活動を行われています。

[今回の空間]カルダモン、水上ビルみずのうえ 3F(大豊商店街集会室)

ニュース
カテゴリー
News Archives
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年3月
PAGETOP