豊橋まちなか会議 第2回理事会を開催しました。

更新日:2019年5月16日
豊橋まちなか会議(TMC)第2回理事会

5月10日に「豊橋まちなか会議 第2回理事会」を開催しました。
この会ではまちなか会議の日頃の活動の進捗報告や重要事項の議論が行われます(これとは別に「総会」も開催されます)。

「よし、それで行こう!」、「もう少しこうしたほうがいいじゃない?」といった活発な議論を経て各取り組みを具体的に前に進めていきます。今回は会長・副会長をはじめ、理事会社、事務局など総勢30人を超える参加がありました。

まずこの4か月の活動について報告をし、主に「空間活用アイデア実現プロジェクト」の進捗を説明しました。
企画者の皆さんが温めている9つの空間活用プロジェクトについて、出席者の皆さんからは面白そう、自分も参加したいという声が聞かれました。これから少しずつ実現していくので楽しみにしていてください。

その後、豊橋まちなか会議として「私たちはこんなまちを作りたい」ということをわかりやすくまとめた「ビジョン」について議論を行いました。
これは、今年の秋の発表を目指しており、豊橋まちなか会議の意義や方向性を外部へ宣言するとても大切なものです。
事務局より、「住民に焦点を当てた視点」から、一緒に参加したくなるような「メッセージ」をポイントにした案を提示し、それを基に議論を行いました。

これに対して出席者の皆さんからは「事業者、大学などといった多様な視点も含めて欲しい」という意見や、この町やエリアはどのような状況で、どんな構想を持つべきか、それを進めていくためにはどのように人が集まる状況をつくるのか、行政任せでなく、住民だけでなく、このエリアに関わる全てのもの、住民、事業者、大学、諸団体、そして行政などが力を結集して考え、実行していくべき。

そういうエリアマネジメントを想定して欲しいという意見が聞かれました。
頂いた意見を踏まえ事務局にて練り直し仕上げていきたいと思います。

今回の理事会はこのような内容で幕を閉じました。豊橋まちなか会議では、多様な視点からこのエリアをとらえ、魅力的と感じるまちなかを実現していくため、まちなかの在り方・価値の高め方を考え、実行していきます。

そのためにもまずは目の前のプロジェクトを楽しいものにし、興味をもってもらえたらなと思っています。こうしたプロジェクトへの皆さんのご参加をお待ちしています!

ニュース
カテゴリー
News Archives
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年3月
PAGETOP